金閣寺の放火事件

*

金閣寺の放火事件


歴史的な20世紀の大事件といえば金閣寺の放火事件です。

1950年7月2日の未明、当時の国宝指定をされていた鹿苑寺から出火の一報が消防署に届いた。
消防隊が現場へと駆けつけた時には、すでに金閣寺から炎を上げており手の施しようがない状態だった、数時間後炎はおさまったが見事なたたずまいを見せていた舎利殿の46坪は全焼した。

鎮火後現場検証結果では、通常は周りに火の気がない事、そして、何者かの寝具が近くに置かれていたことから金閣寺への放火の疑いがあるとして鹿苑寺の関係者に取調べを行うことになった。
取調をしているさなか関係者の一人である坊主林承賢(当時21歳)の一人が不在であることが判明した彼に疑いがかかりそれか近辺を捜索した。

捜索を始めてから数時間後、日も暮れ始めた頃に金閣寺の裏にある左大文字山の山中に倒れている容疑者の姿があった彼は毒物を飲み切腹をしていた金閣寺の放火を認める証拠としてまだ息のある彼は病院に運ばれることになる。

林容疑者は一命を取りとめ回復を待って取調べが行われました。史実の上で放火事件がきっかけで現在では国宝の登録が抹消されている金閣寺ではあるがその美しさは誰もが認める国宝級のおたから的存在であることは間違いないであろう。

そんな場所が放火されるのだからその当時の林の心境は相当に追い詰められていたか何かしらのいたずら心があったのだろう。国宝級のお宝に放火したりしたらいけませんよ。


金閣寺の放火事件関連ページ

金閣寺の歴史
金閣寺が建設された歴史の裏側ではさまざまな色濃き歴史の背景があります。 京都の地には、鎌倉時代の元仁元年(12 […]
足利 義満(あしかが よしみつ)
金閣寺の歴史を語る上で忘れてはならない人物であり京都の町並みを現在の姿に導いた人物の一人が足利義光である。 現 […]
室町時代の年表
金閣寺が建設された室町時代の歴史年表 西暦 政治・経済 文化 1334 二条河原落書き{建武の新政} 1334 […]