浴室

*

浴室


金閣寺の浴室金閣寺の境内の中にあるの浴室は宣明(せんみょう)と呼ばれ、1400年頃に建設されたものとされている。現在の見ることができるものは、慶長初年(1596)に再建されたもので、平成14年6月に金閣寺の修復の時に復元修復されたものです。

金閣寺と関係のある宣明とは、宗の禅宗建築を描いた巻物「大唐五山諸堂図」の中で風呂を描いた「天童山宣明様」という図にあるように、浴室の別名である。

首楞厳経のなかに、16人の菩薩が風呂の供養を受けた際、跋陀婆羅菩薩を始め菩薩達が忽然として自己と水が一如であることを悟ったことが記されている。そのときの跋陀婆羅菩薩の言葉に「妙觸宣明、成仏子住」とあり、宣明とは明らかであり、はっきりとしている言う意味である。この故事にならい禅宗寺院の浴室は宣明と呼ばれ、跋陀婆羅菩薩をお祀りしている。  禅宗では「威儀即仏法」といい、日常の立ち居振る舞いすべてが修行の場であり、浴室は寺院の伝統的な伽藍配置の建物の一つと言うだけでなく、修行の上で「心」と「体」の垢を落とすという意味で、重要な役割を果たしている。

 この宣明を称せられるのは、皇室、及び将軍家に限られ、足利義満が創建した相国寺の浴室も宣明と称せられた。


浴室関連ページ

お札の拝観券・参拝のご案内
金閣寺の参拝をすると「お札の拝観券」旅の思い出にひとつもらっておくと良いかもしれませんが、持ち帰ってもどこに保 […]
金箔の張替え
金閣寺には過去に数度焼失した歴史がありその時には金箔の張替えが行われてといわれています。 現在でも当時でも金の […]
金閣寺は旧国宝だった
金閣寺は日本の国宝に指定されていました。 国宝は、日本の文化財保護法によって国が指定した有形文化財(重要文化財 […]
金閣寺の金箔
京都の人気の観光地である金閣寺をはじめ北山文化に時代には多くの金をあしらわれた工芸品が登場しています。 金を表 […]
鏡湖池
金閣寺【舎利殿】を囲むように日本庭園の池が広がっていますコレは鏡湖池とよばれておりあらゆる角度から見た際に金閣 […]
厳下水・銀河泉・竜門滝・安民沢
金閣寺の中の見所として水に関連した場所が複数あります。 厳下水 足利義満が手を洗う(清める)為に作られた厳下水 […]
不動尊
金閣寺の境内にある不動堂は、夕佳亭の東南に位置する場所にあります。 石不動明王がまつられており、岩窟の中に弘法 […]
夕佳亭(せっかてい)
金閣寺の中にあるお茶室の夕佳亭(せっかてい)は安民沢をすぎて山路を登ると丘の上にあります。 江戸時代の茶道家・ […]
櫟樫(イチイガシ)
金閣寺の中にある方丈の近くにそびえている木櫟樫(イチイガシ)これは京都指定天然記念物とされている巨木で現在見る […]
方丈
3月23日~6月30日まで公開されている金閣寺の中にある方丈についての追記 大規模な修繕をしていた金閣寺。その […]