金閣寺の金箔

*

金閣寺の金箔


京都の人気の観光地である金閣寺をはじめ北山文化に時代には多くの金をあしらわれた工芸品が登場しています。

金を表面に貼り付けて装飾として使う手法はそうとう昔からありました。
日本では甲山古墳から金糸が出土していますので、奈良時代の頃にはすでに金を使った工芸品などが作られ始めたと考えられます。
世界史的に見ればエジプト文明の時代にはすでに利用されています。
金箔
金箔の職人いわく金箔の「箔」とは何かという考えについて紹介させていただくと「金という金属は限界を超えて薄くすると『金それ自体で形を維持できない』状態となるそういう状態を 「箔」 と言っていいのではないかと考えています。」


金閣寺の金箔関連ページ

お札の拝観券・参拝のご案内
金閣寺の参拝をすると「お札の拝観券」旅の思い出にひとつもらっておくと良いかもしれませんが、持ち帰ってもどこに保 […]
金箔の張替え
金閣寺には過去に数度焼失した歴史がありその時には金箔の張替えが行われてといわれています。 現在でも当時でも金の […]
金閣寺は旧国宝だった
金閣寺は日本の国宝に指定されていました。 国宝は、日本の文化財保護法によって国が指定した有形文化財(重要文化財 […]
鏡湖池
金閣寺【舎利殿】を囲むように日本庭園の池が広がっていますコレは鏡湖池とよばれておりあらゆる角度から見た際に金閣 […]
厳下水・銀河泉・竜門滝・安民沢
金閣寺の中の見所として水に関連した場所が複数あります。 厳下水 足利義満が手を洗う(清める)為に作られた厳下水 […]
不動尊
金閣寺の境内にある不動堂は、夕佳亭の東南に位置する場所にあります。 石不動明王がまつられており、岩窟の中に弘法 […]
夕佳亭(せっかてい)
金閣寺の中にあるお茶室の夕佳亭(せっかてい)は安民沢をすぎて山路を登ると丘の上にあります。 江戸時代の茶道家・ […]
浴室
金閣寺の境内の中にあるの浴室は宣明(せんみょう)と呼ばれ、1400年頃に建設されたものとされている。現在の見る […]
櫟樫(イチイガシ)
金閣寺の中にある方丈の近くにそびえている木櫟樫(イチイガシ)これは京都指定天然記念物とされている巨木で現在見る […]
方丈
3月23日~6月30日まで公開されている金閣寺の中にある方丈についての追記 大規模な修繕をしていた金閣寺。その […]