能面

*

能面


京都が中心として栄えた文化である北山文化の工芸の一つ能面小さい頃この面を見てすごくこわいものを見たような気持ちになったことを思い出しますが今でも怖いですが。。。

金閣寺でも能面を使って舞台が行われていたのかもしれませんね。

鬼神・老人・男・女・霊の5種類に大別される。小面は若い女性を象る。
その完成度はたかく、見るものを圧倒する迫力がある。特に鬼面の一つである般若(はんにゃ)、真蛇(しんじゃ)は有名である。役者の芸と能面作家の腕によって、一つの面から深く様々な表情を見せることができ、仮面劇としての能を今日までも支えている。

女面、少年面、青年面は一部を除いて何れも白塗りの厚化粧、引眉で、お歯黒を付けており、これらは何れも、能が成立した時代の習慣を残したものである。

なお、『翁』の面は特徴的で、他の能面と異なり、

眼が全てくり抜いてある
ぼうぼう眉(綿や毛が植えてある)
面が口の部分で上下で切り離してあり、後ろのところで結んである(顎が動く)
古式でおおらかな面である。

能面は木(桧が多い)を彫り、彩色して製作するが、この工程を「面を打つ」という。また、顔に付けることを「面を掛ける」という。


能面関連ページ

北山文化の特徴
北山文化(きたやまぶんか)とは、金閣寺を生むことになった室町時代初期の文化で、三代将軍足利義満(1358年~1 […]
建築様式
鹿苑寺 金閣寺(1397年):正式には鹿苑寺舎利殿。 北山文化を代表するもので足利義満が北山山荘に造営した(北 […]